交通費と宿泊費、どちらにお金をかけたらよい?

交通費と宿泊費どちらにお金をかける派ですか

日本の住宅購入事情と背景

新築も中古もマンションもリフォーム必須!

まずリフォーム箇所として、お風呂やトイレなどの水回りや、リビングや部屋のクロス、キッチンなどが一般的ですが、外壁、屋根、ガレージなども含まれます。
住宅リフォームは、故障や破壊、老朽化が主な理由となりますが、少しでも家を長持ちさせるため、老後に備えて、などの理由も見られます。
そのため新築を購入した場合、完成したばかりで何もかも新品な状態ですので、近々にリフォームが必要になることは、よほどのことがない限り無いでしょう。
中古の場合は、築年数や劣化状態によって時期が異なりますので、その点についても購入前に確認しておくとよいでしょう。
また、基本的に水回りなどは衛生面も考えて、入居前にリフォームするのがオススメです。
そして、マンションも同様です。
外壁や屋根など外装リフォームは、管理費等に含まれるため、自身でやることはありませんが、内装に関しては、戸建てと同じです。

箇所ごとのリフォーム目安時期

リフォーム箇所には、色々あることはお伝えしましたが、箇所ごとに耐用年数も異なるため、メンテナンスの時期やリフォームの目安時期も異なります。
今回は、新築の戸建て住宅で必要になるリフォーム箇所と箇所ごとの目安となる時期についてお伝えします。
まず、入居から5年を目安に、フローリングのワックス掛け、畳や襖の張替え、給排水管の点検があり、日常的に人が集まりやすい場所は劣化も早いため、細目にメンテナンスが必要となります。
次に5~10年では、お風呂のタイル張替え、ガスコンロ交換、室内壁紙の張替えなどです。
そして、よく耳にする築10年を境に、外壁の塗替え、トイレ、キッチン、洗面所など水回りの交換、屋根の劣化確認、雨樋の補修が出てきます。
上記は、あくまでも目安の時期です。
メンテナンス状況や天災などの頻度によって、これよりも早くなる場合もあります。
目に見えて故障していなくても、細目に確認しておきましょう。


この記事をシェアする