交通費と宿泊費、どちらにお金をかけたらよい?

交通費と宿泊費どちらにお金をかける派ですか

リフォームって必ずやらなきゃいけないの?

リフォームはしないとどうなってしまうのか

自宅が古くなったからリフォームをするという人は多くいますが、毎日掃除も欠かさず、大切に使っていれば、リフォームしなくていいかと言うと、そうではありません。
住宅には、様々な箇所に「耐用年数」と呼ばれている、いわゆる「寿命」があります。
そのため、どんなにきれいに使用しても少しずつ劣化は進みます。
ということは、リフォームをしなくていい方法…というのはありません。
そこで、リフォームの費用を抑えたいと思っている方は、毎月、毎年のメンテナンスを行い、住宅の劣化具合や状況をよく把握しておきましょう。
また内装部分に関しては、ある程度気を付けてきれいに使うこともできますが、外装に関しては天災の影響も大いに受けますので、耐用年数まで持たない場合もあるでしょう。
劣化が酷い場合は大規模な工事と多大な費用がかかることになるため、それを防ぐためにもメンテナンスと細目なリフォームが必要になるのです。

水回りリフォームの工事期間と相場

水回りのリフォームは、遅かれ早かれ必ずリフォームが必要になる箇所と言えます。
それは、自宅の中でも使用頻度が高く、水を使用することから、劣化が進みやすいからです。
では、水回りのリフォームを行う場合の相場と、工期について見ていきましょう。
まず、費用も工期も、劣化具合や希望スタイルによって異なります。
一般的に、特に不具合が無く使用できている場合であっても、10~20年がリフォームの目安となります。
水回りの代表「キッチン」の相場は50~150万程度となります。
金額にこれだけの幅があるのは、ガスコンロや流し台交換のみなど、なるべく費用を抑える少額リフォームから、対面式やL字などに様式変更する場合は、ほぼ全面交換となるため費用も高額になるようです。
その他の水回りである浴室は、50~100万、トイレ・洗面台は、~50万となっています。
工期に関しては、こちらも程度によりますが、1日~1週間で行えそうです。


この記事をシェアする