交通費と宿泊費、どちらにお金をかけたらよい?

交通費と宿泊費どちらにお金をかける派ですか

実際に把握しておきたいリフォーム時期と相場

リフォームが必要になることを理解する

リフォームには、比較的簡単に済むものから、大々的な工事が必要になるものまで様々です。
それは箇所ごとにもよりますが、大きく左右するのは「劣化状態」です。
そのため、目安となる10年に達していないから、何も不具合を感じていないからということが理由でリフォームを先延ばしにしたり、リフォームの知識を持っていなかったりと、いざリフォームが必要となった時に莫大な費用と工事期間に青ざめてしまうかもしれません。
そうならないためにも新築中古問わず、住宅購入の際にリフォームの目安時期や相場、必要となる箇所を念頭に入れておきましょう。
リフォームは、劣化が進めば進むほど大変な修繕となり、その分費用も嵩みます。
いざリフォーム時期が迫って焦ったり、故障等によって目安よりも早く修繕が必要となった場合にも、知識を持っていたか否かでだいぶ違います。
金銭面での蓄えも必要となりますので、気持ち早めに予定しておきましょう。

中途半端なリフォームはとんでもないことに

リフォームには、表面的な内装関連だけで済ませる方法と、スケルトンリフォームと言って、内装・外装ともに、一から作り直す方法があります。
スケルトンリフォームは、かなりの費用がかかりますが、現在定められている基準に従って作るため、耐震性や断熱対策においても安心できるのが特徴です。
また、家を建てた時と生活スタイルが変わっていれば、リフォームを機に、間取り変更や好きなデザインへと変更できる点も大きいでしょう。
良いのはわかっていても、1000万程度かかることもあるため、なかなか踏み切れない人も多いのが現状です。
そこまでの費用は出せない、とりあえず見た目が良くなれば…と、一先ず表面的な内装だけで済ませた場合、万が一、その後に天災などで、雨漏りするようになってしまった、一部が崩れてしまったなどになると、結局はスケルトンリフォームが必要になってしまうため、築年数を考えて判断することが重要です。


この記事をシェアする